ほくろ(色素性母斑)・脂漏性角化症(老人イボ)・疣贅(いぼ)

形成外科ではいろいろな治療手段が用いられます。どの方法を選択するかは術者の好みによるところが大きいですが、通常は切除後の瘢痕(きずあと)が目立たない方法を選択します。

ほくろ、イボ、脂漏性角化症の治療は以下の方法による切除です。どちらを選択するかは“数”、“大きさ”、“部位”、“悪性の可能性が疑われる”などによって決定します。

炭酸ガスレーザーによる皮面形成術

  • 小さな“ほくろ”、“イボ”、"脂漏性角化症(老人イボ)"などがよい適応です。
  • ほくろの場合は大きさによりくりぬき法切除術を選択することもあります。
  • レーザー治療は自費診療となります。 

メスで切除し縫合する縫縮術

  • 傷跡を目立たないようにするために形成外科的な縫合法(真皮縫合)を用います。
  • 単純に縫縮すると変形を来す場合は植皮術(写真)を併用することもあります。
  • 悪性が疑われる“ほくろ”は病理検査に提出します。

画像の説明画像の説明
色合い、質感の同じような局所の皮膚を用いて移植(有茎植皮術)します。

画像の説明画像の説明画像の説明
2つのV-Y型皮下茎皮弁による“ほくろ”切除部の閉鎖

画像の説明画像の説明
画像の説明
Z-形成術を応用して隣接するほくろを切除