眼瞼下垂について

治療法は下垂の程度と残存挙筋機能により決定します。

  • 挙筋短縮術腱膜前転術;眼瞼を挙上する機能がある程度残存している場合に用いられます。弛緩した眼瞼挙筋を短縮、前転することで改善する方法です。

下垂1下垂2_edited-1

  • 吊り上げ法(前頭筋利用法);眼瞼挙筋による眼瞼挙上機能がほとんど機能していないために、前頭筋を力源として眼瞼を挙上する方法です。紐状にした筋膜を瞼の軟骨に縫い合わせて皮下トンネルを通して眉毛上の前頭筋に縫い合わせます。筋膜は大腿部か側頭部より採取します。

瞼裂狭小症に伴う下垂
モザイク2
閉瞼時
眼瞼2_edited-1
開瞼時;前頭筋(おでこの筋肉)を力源として眉毛を挙上し開瞼しています
眼瞼3
術後;筋膜による吊り上げ術にて下垂を矯正し、内眼角(目頭)を広げて瞼裂の長さも延長しています。