巻き爪・陥入爪

当院の治療指針

陥入爪

陥入爪

主に足の爪の側縁が外側の皮膚(側爪郭)に食い込んで、痛みと炎症を起こす状態です。疼痛や側爪郭の発赤腫脹、感染、不良肉芽などの症状を生じます。第一趾に発生することが多く、原因は深爪や靴であるとされています。

画像の説明
塚越 卓(分担執筆). 足の爪がはがれたときの応急処置, 剣道医学Q&A(第3版),財団法人 全日本剣道連盟, pp122, 2014より引用

ほとんどの陥入爪は正しく爪を切ることや、
側爪郭の保湿・ケアだけで症状を予防できます。

巻き爪

爪甲の横彎が強くなった状態をいいます。変形が高度になると爪甲の先端が筒状となります。巻き爪に陥入爪を合併することもあります。

治療法

  • 超弾性ワイヤー(マチワイア)による矯正が主流です(自費診療)。
  • 爪にワイヤーを通す穴を注射針であけるだけなので麻酔も必要ありません。
  • ワイヤーにより陥入部が矯正されて、直ちに疼痛が消失します。
  • 発赤や肉芽形成などがある場合は、それらを治療してからの処置となります
  • QOLを考慮して根治術を行った方がよい場合もあります。

爪2_edited-1初診時
爪3直後ワイヤー矯正直後
爪後2矯正3週後、陥入は軽減されています。